「大阪国際フェスティバル」の公式ブログです。

menu

大阪国際フェスティバル公式ブログ

CATEGORYバーンスタイン「ミサ」

バーンスタイン「ミサ」公演レポート〜山田治生

   日本で23年ぶりに本格上演されたバーンスタインの「ミサ」を見て、あらためて、バーンスタインが破天荒な作品を書いたことを実感した。オーケストラと、ロック・バンドと、ブルース・バンドと、マーチング・バンドと、合唱と、児童合唱と、数多くの歌…

副指揮者、角田鋼亮さんのメッセージ

バーンスタイン「ミサ」の副指揮者、角田鋼亮さんのメッセージです。 稽古での指揮はもちろん、その場にいないパートを歌ったり、打楽器を叩いたり、音楽面を全てサポートするのが副指揮の仕事。 いよいよ明日、本番を迎える今の思いを聞きました。 …

◆合唱指揮の福島章恭さんのメッセージ動画「合唱団の役割」

大阪フィルハーモニー合唱団指揮者の福島章恭さんが、バーンスタイン「ミサ」における合唱団の役割についてコメントを寄せています。 この作品がなかなか上演されないのは、規模の大きさだけでなく「本当に神はいるのか」という内容ゆえ。 そこで合唱が…

大阪フィルハーモニー合唱団 稽古風景

バーンスタイン「ミサ」には、パワフルな混声合唱が必須です。 大阪フィルハーモニー合唱団は2月から勉強を始め、合唱指揮者の福島章恭さんの元で稽古を積んできました。 そのエネルギーを全開にして、フェスティバルホールのステージで披露します! …

◆バーンスタイン「ミサ」に寄せて:ジョン・ハオさん「宗教曲のミサに、振り付けがあって踊りもあります」

バスのジョン・ハオさんからのメッセージです。「ミサか、ミュージカルか、オペラか。観て判断してみましょう」 ★7/14(金)・15(土) バーンスタイン「ミサ」の公演情報はこちら …

◆バーンスタイン「ミサ」に寄せて:加耒徹さん「今まで思っていた『ミサ』をくつがえす考えも含まれています」

バリトンの加耒徹さんからのメッセージです。「重くもあり、軽くもあり。いろいろな要素が詰まっています」 ★7/14(金)・15(土) バーンスタイン「ミサ」の公演情報はこちら …

◆バーンスタイン「ミサ」に寄せて:又吉秀樹さん「オーケストラの前で歌うかと思っていたら・・・」

テノールの又吉秀樹さんからのメッセージです。「バーンスタインの “個人的だけど大きい” 壮大な作品です」 ★7/14(金)・15(土) バーンスタイン「ミサ」の公演情報はこちら …

エッセイ〜バーンスタインの自伝的肖像としての『ミサ』〜(山田治生)

  今回のバーンスタイン「ミサ」で、演出の井上道義氏は、作中の司祭役をバーンスタインに設定するが、バーンスタインの評伝の著者、ジョーン・パイザーも、司祭は部分的に作曲者自身の自伝的肖像であると解釈している。彼女はこう書いている。 「バ…

エッセイ~バーンスタインの苦悩~(山田治生)

  今回のバーンスタイン「ミサ」の上演で、演出を行う井上道義氏は、作品中の司祭をバーンスタインと設定して、バーンスタインの内面の苦悩(自分のありたい自分と社会が求める自分とのギャップによる葛藤)を描くという。    …

バーンスタイン「ミサ」芸大バレエの稽古風景

バーンスタイン「ミサ」には、大阪芸術大学舞台芸術学科舞踊コース・学生6名が出演します。 バンドと合わせた稽古の模様を紹介します。 さて、動物を模したようなこのシーン、いったいどこで登場するでしょうか? ★7/14(金)・15(土)…

さらに記事を表示する

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31