「大阪国際フェスティバル」の公式ブログです。

menu

大阪国際フェスティバル公式ブログ

巨匠サー・ネヴィル・マリナーからメッセージが届きました。

~4月7日「アカデミー室内管弦楽団」を率いて大阪へ~

来る4月7日、フェスティバルホールに28年振りに登場する巨匠サー・ネヴィル・マリナーからメッセージが届きました。
滑らかな語り口は穏やかな人柄を感じさせ、とても91歳とは思えない若々しさです。

また、音楽情報誌「ぶらあぼ」3月号にマリナーのインタビュー記事が掲載されました(↓)。
世界を魅了して来た名コンビによる待望の日本ツアー
ここでも、衰える事の無い音楽に対する意欲的な姿勢が表れています。
そして、表紙もマリナー!!

20160224_154013

映画「アマデウス」で一世風靡したマリナーとアカデミー室内管弦楽団(アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ=ASMF)。今回の大阪公演では、プロコフィエフ「古典交響曲」、イギリスの作曲家ヴォーン・ウィリアムズによる「トマス・タリスの主題による幻想曲」、ベートーヴェン「交響曲第7番」を演奏。伝統的な弦楽合奏の美しさと同楽団のレパートリーの広さを生かした魅力的なプログラムで、きっと瑞々しい演奏を聞かせてくれることでしょう。

公演の詳細は、アカデミー室内管弦楽団 【指揮:サー・ネヴィル・マリナー】 へ。

アカデミー室内管弦楽団(ASMIF)設立当初の頃の写真。前列左端でヴァイオリン・ケースを持つイケメンがマリナーさん。ステキ!!

アカデミー室内管弦楽団(ASMF)1958年設立当初の頃の写真。
前列左端でヴァイオリン・ケースを持つイケメンがマリナーさん。ステキ!!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。