「大阪国際フェスティバル」の公式ブログです。

menu

大阪国際フェスティバル公式ブログ

《ランスヘの旅》舞台裏アルバム

今日はおまけの投稿です。《ランスヘの旅》の舞台裏で撮影した写真をコラージュしてアルバムにしました。出演者の方が提供してくれた写真もあります。チームワークの良い、楽しい雰囲気が伝われば嬉しいです。

 

 

舞台上
ゲネプロ(最終リハーサル)の舞台上での写真を何枚かと、舞台袖の様子です。

 

オーケストラ
ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団の皆さん。ゼッダ先生とコンサートミストレスの赤松由夏さん。ハープ奏者の山根祐美さんはギリシャ風装いがお似合いでした。

 

CorFollSidTrom
コルテーゼ夫人役の石橋栄実さんとフォルヴィル伯爵夫人役を歌ったイザベラ・ガウディさん。ガウディさんが着ているフォルヴィル伯爵夫人の衣裳の凝ったデザインにご注目ください。右上は渋い(?)ハンサム、シドニー卿のクラウディオ・レヴァンティーノさん。右下はトロンボノク男爵を歌った三浦克次さんと石橋さんです。

フォルヴィル
フォルヴィル伯爵夫人のカバー歌手を務めた長町香里さん、騎士ベルフィオーレの中川正崇さんはおちゃめなポーズ。一方、ガウディさんは真面目に。

Libenskofecc
リーベンスコフ伯爵を歌ったアントン・ロシツキーさんと石橋さん。そして右の写真はコリンナのカバー歌手だった奥田愛さん、コリンナの老田裕子さん、ガウディさん、デリアのカバー歌手だった松浦綾子さん。

合唱
《ランスヘの旅》フェスティバル・シンガーズの皆さん。歌に演技に大活躍でした。

乙女達
女性グループの写真が多いのは、実は彼女達から写真をお借りしたからなのです(笑)。ご協力下さった皆さん、どうもありがとうございました!

メリベーア・医師
医師ドン・プルデンツィオの西村圭市さんと長町さん。メリベーア侯爵夫人のターチャ・ジブラッゼさんはロマンティックな雰囲気です。

コリンナ、デリア他
左からマッダレーナ役の尾崎比佐子さん、奥田さん、デリアの高嶋優羽さんのトリオ。そして右は奥田さんと老田さん。

varie
四人で写っているのはガウディさん、レヴァンティーノさん、石橋さん、ジブラッゼさん。ピースサインはドン・ルイジーノの松原友さんと長町さん、下はレヴァンティーノさんとドン・アルヴァーロ役の木村孝夫さん、そして右はドン・プロフォンドを歌った伊藤貴之さんと石橋さんです。

メリベアプロフォンド
左はコルテーゼ夫人のカバー歌手を務めた北野智子さんと後半の豪華なドレスを纏ったジブラッゼさん。右は奥田さんと伊藤さん。ドン・プロフォンドは骨董マニアらしい風変わりな衣裳です。

田中先生他
左は松浦さん、アントーニオ役の田中勉さん、コリンナ役のカバー歌手、南さゆりさん。右上は老田さん、尾崎さん、ガウディさん、松浦さん、モデスティーナ役の田邉織恵さん。右下は木村さん、メリベーア侯爵夫人のカバー歌手 西村薫さん(温泉を皆に渡す役で舞台に出ずっぱりでした)、高嶋さん、松浦さん、そして西村圭市さんです。
 

 

打ち上げ2
公演後の打ち上げにて。ゼッダ先生が持っているのは出演者の皆さんからのプレゼント。ヴァチカンにも作品が収められている京都 清水焼の有名なアーティストの花瓶です。

園田さん他
左上はリーベンスコフのカバー歌手を務めた谷口耕平さんとジブラッゼさん、ロシツキーさん。音楽補佐の園田隆一郎さんには合唱の皆さんから赤いポロシャツが贈られました。さっそくそれを着て演出の松本重孝さんと歓談中の園田さん。

3枚
長町さんとガウディさん。フォルヴィル伯爵夫人役を通じて育んだ友情です。右は木村さんとメリベーア侯爵夫人のカバー歌手だった瀬戸口文乃さん。下はレヴァンティーノさんにお箸の使い方を指導している(?)ゼフィリーノ役の谷浩一郎さん。

打ち上げゼッダ先生
左上は石橋さんを熱烈ハグするゼッダ先生。右は奥田さんと、左下は松浦さんと。ゼッダ先生は出演者の方達から写真やサインを求められ大人気でした。

プレゼント
日本人出演者の皆さんからゼッダ先生と4名の外国人キャストに、プレゼントと一緒に素敵な寄せ書きが贈られました。ビッグ・サプライズ!皆さん、とても嬉しそうでした…。

 

出演者の皆さん、お疲れ様でした。そして写真には写っていませんがオペラ公演には多くの舞台スタッフや事務関係の人々も関わっていました。人生はオペラと同じ。出会いと別れの繰り返しです。大阪で一緒に過ごした時間が、皆にとって心の財産になりますように!

 

第53回大阪国際フェスティバル2015、実は次のイヴェントが明日に迫っています。4月22日(水)フェスティバルホール「大阪4大オーケストラの饗演」(こちらです)。おかげさまでチケットは現在の所、完売となっております。 ご来場予定の方はどうぞお楽しみに!

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。