「大阪国際フェスティバル」の公式ブログです。

menu

大阪国際フェスティバル公式ブログ

オペラ「ランスへの旅」公演概要

第53回大阪国際フェスティバル2015
大阪音楽大学創立100周年記念
大阪国際フェスティバル×フェスティバルホール×ザ・カレッジ・オペラハウス×
藤原歌劇団×日生劇場×東京フィルハーモニー交響楽団 による共同制作

Gioachino Rossini: IL VIAGGIO A REIMS
ロッシーニ作曲  オペラ「ランスへの旅」

(新演出/原語上演・日本語字幕付き)

2015年4月18日(土)15:00開演 (14:00 開場)
フェスティバルホール

大阪市北区中之島2-3-18
(京阪中之島線「渡辺橋」駅・地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅より直結)

<入場料(全席指定、消費税込み)>
S席18,000円/A席16,000円/B席14,000円/学生席4,000円
(C席12,000円・D席10,000円・E席8,000円・BOX席23,000円は完売)

チケット・問い合わせ:
フェスティバルホール チケットセンター
06-6231-2221 (10:00-18:00)
http://www.festivalhall.jp/


<スタッフ・キャスト>
指揮:アルベルト・ゼッダ
演出:松本重孝/美術:荒田良/衣裳:前岡直子/照明:服部基
音楽補佐:園田隆一郎/牧村邦彦
公演監督:荒田祐子
舞台監督:菅原多敢弘

ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団

コリンナ(ローマの即興詩人):老田裕子
メリベーア侯爵夫人(ポーランドの未亡人):ターチャ・ジブラッゼ
フォルヴィル伯爵夫人(フランスの若い未亡人):イザベラ・ガウディ
コルテーゼ夫人(「金の百合亭」の女将):石橋栄実
騎士ベルフィオーレ(フランスの若い士官):中川正崇
リーベンスコフ伯爵(ロシアの将軍):アントン・ロシツキー
シドニー卿(イギリスの大佐):クラウディオ・レヴァンティーノ
ドン・プロフォンド(イタリアの文学者):伊藤貴之
トロンボノク男爵(ドイツの少佐):三浦克次
ドン・アルヴァーロ(スペインの大公):木村孝夫
ドン・プルデンツィオ(「金の百合亭」の医者):西村圭市
ドン・ルイージノ(フォルヴィル伯爵夫人のいとこ):松原友
デリア(コリンナが保護するギリシャの孤児):髙嶋優羽
マッダレーナ(「金の百合亭」の女中頭):尾崎比佐子
モデスティーナ(フォルヴィル伯爵夫人のお手伝い):田邉織恵
ゼフィリーノ(使者):谷浩一郎
アントーニオ(温泉宿の支配人):田中勉

合唱&カバー:「ランスへの旅」フェスティバル・シンガーズ
奥田愛/北野智子/斉戸英美子/瀬戸口文乃/長町香里/西村薫/藤原未佳子/
松浦綾子/南さゆり/森井美貴/山田恵/伊藤友祐/浦野裕毅/奥村哲/
黒田まさき/諏訪部匡司/孫勇太/谷口耕平/山川大樹


主催:朝日新聞文化財団、朝日新聞社、フェスティバルホール、
    大阪国際フェスティバル協会、大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス、
    日本オペラ振興会(藤原歌劇団)、ニッセイ文化振興財団、
    東京フィルハーモニー交響楽団
特別協賛:大和ハウス工業
協賛:朝日放送、竹中工務店、ダイキン工業
後援:在大阪イタリア総領事館、イタリア文化会館-大阪
協力:ペーザロ・ロッシーニ・オペラ・フェスティバル(アカデミア・ロッシニアーナ)
監修:アルベルト・ゼッダ


※休憩を含み上演時間約3時間。
※今回の演出ではジェルソミーノ役はカットします。
※出演者・配役などは2015年3月現在の予定です。やむを得ない事情により変更される場合があります。
※公演中止の場合を除き、チケットの申し込み後の変更や払い戻しはできません。
※開演時間に遅れますと、ご入場をお待ちいただくか、指定された場所でのお立ち見となります。
※会場内での写真撮影、録音、録画等はお断りします。
※未就学児の入場はお断りします。