「大阪国際フェスティバル」の公式ブログです。

menu

大阪国際フェスティバル公式ブログ

LATEST ENTRIES

1988年大阪国際フェスティバル、マリナー&アカデミー室内管の舞台

4月7日 マリナー&アカデミー室内管弦楽団
――マリナーさんとフェスティバルホール その2~スタッフが語る1988年公演の思い出――

(前回に続く) 1988年 第30回大阪国際フェスティバル [caption id="attachment_1987" align="alignnone" width="1024"] マリナーさん記者会見の記事 (1988年4月…

1963年4月、フェスティバルホールでのリハーサル風景。中央が指揮者ピエール・モントゥー。その左がマリナーさん。

4月7日 マリナー&アカデミー室内管弦楽団
――マリナーさんとフェスティバルホール その1――

巨匠サー・ネヴィル・マリナーのフェスティバルホール登場は今回が4度目。1963年、1972年、1988年と過去3回も大阪国際フェスティバルの公演でした。写真と資料で当時の公演を辿ります。 1963年 第6回大阪国際フェスティバ…

アカデミー室内管弦楽団(ASMIF)設立当初の頃の写真。前列左端でヴァイオリン・ケースを持つイケメンがマリナーさん。ステキ!!

黄金コンビ、最後の日本ツアー
サー・ネヴィル・マリナー&アカデミー室内管弦楽団
~ここが聴きどころ!~

サー・ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団の最後の日本ツアーまで、残すところ約1か月。 半世紀以上も、共にアンサンブルの美しさを追求してきたマリナーさんとオーケストラ。この名コンビを聴く今回の貴重なコンサートの魅力とは? […

Sir Neville Marriner_PacificConcertManagement_151122(7)

4月7日 巨匠マリナー&アカデミー室内管弦楽団
~公演を楽しむために(曲目解説③)~
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92

4月7日の「サー・ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団」で演奏される作品の解説を、公演に先立ち3回に分けてお届けするシリーズ。 3回目は、公演後半のプログラム、皆さんお馴染みのベートーヴェン「交響曲第7番」です。 筆者は音楽評…

Sir Neville Marriner_PacificConcertManagement_151125(2)

4月7日 巨匠マリナー&アカデミー室内管弦楽団
~公演を楽しむために(曲目解説②)~
ヴォーン・ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲

4月7日の「サー・ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団」公演で演奏される作品の解説を、公演に先立ち3回に分けてお届けするシリーズ。 2回目はイギリスの作曲家、ヴォーン・ウィリアムズの「トマス・タリスの主題による幻想曲」です …

Sir Neville Marinner (credit Mark Allan)

4月7日 巨匠マリナー&アカデミー室内管弦楽団
~公演を楽しむために(曲目解説①)~
プロコフィエフ「交響曲第1番 ニ長調 作品25 (古典交響曲)」

1か月後に迫った「サー・ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団」(4月7日、フェスティバルホール)で演奏される作品の解説を3回に分けてお届けします。 今回のプログラムは巨匠マリナーによる選曲。アカデミー室内管弦楽団の“今”を聴…

20160224_154013

巨匠サー・ネヴィル・マリナーからメッセージが届きました。

~4月7日「アカデミー室内管弦楽団」を率いて大阪へ~ 来る4月7日、フェスティバルホールに28年振りに登場する巨匠サー・ネヴィル・マリナーからメッセージが届きました。 滑らかな語り口は穏やかな人柄を感じさせ、とても91歳とは思えない…

MA_Sir_Neville_Marinner_90_RFH_460NM credit Mark Allan

巨匠サー・ネヴィル・マリナーとアカデミー室内管弦楽団による最後の日本ツアー
◆91歳のマエストロ、堂々来日!!◆

ロンドン中心部にあるセント・マーティン・イン・ザ・フィールズ教会。1958年、この教会の地に誕生した「アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ(通称:アカデミー室内管弦楽団)が、巨匠サー・ネヴィル・マリナーが創設した室…

OIF2016top

第54回大阪国際フェスティバル2016 チケット好評発売中

第54回大阪国際フェスティバル2016 チケット好評発売中です。 4月開幕の「第54回大阪国際フェスティバル2016」(会場:フェスティバルホール)の全プログラムを発表しました。今年は国内外から数々の華麗なオーケストラがフェスティバルホ…

音友6月号RONDO

《ランスヘの旅》公演評のご紹介 その3

前回は新聞各紙に掲載された《ランスヘの旅》の公演評をお読み頂きましたが、この度は月刊音楽誌に掲載された公演評をいくつかご紹介します。 「音楽の友」6月号では、Rondo欄とコンサート・レビューの両方に《ランスヘの旅》を…

さらに記事を表示する

サー・ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団

オペラ《ランスへの旅》♪♪プロモーションビデオ①

オペラ《ランスへの旅》♪♪プロモーションビデオ②

オペラ《ランスへの旅》♪♪完全攻略ガイド①

オペラ《ランスへの旅》♪♪完全攻略ガイド②

オペラ《ランスへの旅》♪♪完全攻略ガイド③

2016年フェスティバル関連

  1. Sir Neville Marinner (credit Mark Allan)

    4月7日 巨匠マリナー&アカデミー室内管弦楽団
    ~公演を楽しむために(曲目解説①)~
    プロコフィエフ「交響曲第1番 ニ長調 作品25 (古典交響曲)」

  2. OIF2016top

    第54回大阪国際フェスティバル2016 チケット好評発売中

  3. 1988年大阪国際フェスティバル、マリナー&アカデミー室内管の舞台

    4月7日 マリナー&アカデミー室内管弦楽団
    ――マリナーさんとフェスティバルホール その2~スタッフが語る1988年公演の思い出――

  4. MA_Sir_Neville_Marinner_90_RFH_460NM credit Mark Allan

    巨匠サー・ネヴィル・マリナーとアカデミー室内管弦楽団による最後の日本ツアー
    ◆91歳のマエストロ、堂々来日!!◆

  5. 1963年4月、フェスティバルホールでのリハーサル風景。中央が指揮者ピエール・モントゥー。その左がマリナーさん。

    4月7日 マリナー&アカデミー室内管弦楽団
    ――マリナーさんとフェスティバルホール その1――

  6. アカデミー室内管弦楽団(ASMIF)設立当初の頃の写真。前列左端でヴァイオリン・ケースを持つイケメンがマリナーさん。ステキ!!

    黄金コンビ、最後の日本ツアー
    サー・ネヴィル・マリナー&アカデミー室内管弦楽団
    ~ここが聴きどころ!~

  7. Sir Neville Marriner_PacificConcertManagement_151125(2)

    4月7日 巨匠マリナー&アカデミー室内管弦楽団
    ~公演を楽しむために(曲目解説②)~
    ヴォーン・ウィリアムズ:トマス・タリスの主題による幻想曲

  8. Sir Neville Marriner_PacificConcertManagement_151122(7)

    4月7日 巨匠マリナー&アカデミー室内管弦楽団
    ~公演を楽しむために(曲目解説③)~
    ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92

  9. 20160224_154013

    巨匠サー・ネヴィル・マリナーからメッセージが届きました。