「大阪国際フェスティバル」の公式ブログです。

menu

大阪国際フェスティバル公式ブログ

LATEST ENTRIES

バーンスタイン関連情報(2)/2017年7月~2018年3月、日本でのバーンスタイン作品の上演(山田治生)

バーンスタインの生誕100年を祝うイベントやコンサートは、この夏秋あたりから世界中でひらかれているが、日本でもバーンスタイン作品が数多く上演される。 [caption id="attachment_2314" align="align…

◆バーンスタイン「ミサ」に寄せて:久保和範さん

バリトンの久保和範さんからのメッセージです。 「ロック、ジャズ、ブルース…色々な音楽のエッセンスがつまっています」 ★7/14(金)・15(土) フェスティバルホール バーンスタイン「ミサ」の公演情報はこちら…

◆バーンスタイン「ミサ」に寄せて:古橋郷平さん

テノールの古橋郷平さんからのメッセージです。 「バーンスタインが平和コンサートを行った広島。僕の名前と繋がりがあります」 ★7/14(金)・15(土) フェスティバルホール バーンスタイン「ミサ」の公演情報はこちら…

◆バーンスタイン「ミサ」に寄せて:村上公太さん

テノールの村上公太さんからのメッセージです。 「普段、クラシックを聴かない人にも楽しんでいただけます!」 ★7/14(金)・15(土) フェスティバルホール バーンスタイン「ミサ」の公演情報はこちら…

バーンスタイン「ミサ」に寄せて:幣真千子さん 「心に平和が広がります」

メゾソプラノの幣真千子さんからのメッセージです。 「さまざまなものが重なり合い、最後には・・・」 ★7/14(金)・15(土) フェスティバルホール バーンスタイン「ミサ」の公演情報はこちら…

バーンスタイン関連情報(1)/「ミサ」、生誕100年を機に世界で上演

 2018年8月25日は、レナード・バーンスタインの100回目の誕生日であり、今年から来年にかけて、彼の生誕100周年を祝うコンサートやイベントが世界中でひらかれる。 バーンスタインの「ミサ」は、その規模の大きさゆえに滅多に演奏される演目…

鑑賞のための予備知識④~作品構成

曲名:ミサ Mass 作曲:レナード・バーンスタイン - Leonard Bernstein 作詞:スティーヴン・シュウォーツ - Stephen Schwartz レナード・バーンスタイン - Leonard Bernstei…

◆バーンスタイン「ミサ」に寄せて:森山京子さん

メゾソプラノの森山京子さんからのメッセージです。 「すばらしい仲間たちとともにお届けします」 ★7/14(金)・15(土) フェスティバルホール バーンスタイン「ミサ」の公演情報はこちら…

鑑賞のための予備知識③~初演

バーンスタインは、「ミサ」を「歌い手、奏者、ダンサーのためのシアター・ピース」として作曲しました。既成のオペラでもミュージカルでも宗教音楽でもない、総合芸術としての「シアター・ピース」。ラテン語のミサ典礼文に、バーンスタイン自身による英語の…

鑑賞のための予備知識②~作品の成立、時代背景、テーマ

バーンスタインの「ミサ」は、ワシントンD.C.に新設された複合文化施設「ジョン・F・ケネディ・センター」からの委嘱に応えて、1971年9月のその杮落としのために作曲されました。 ユダヤ教徒であるバーンスタインがカトリックのミサに基づく…

さらに記事を表示する